nanaco等電子マネーを徹底解剖

インターネットが普及し、21世紀になって、ブロードバンド時代を迎えると、多くのネット取引サイトが構築されました。
その際、決済方法として、クレジットカードが主要な方法とされました。
実際、インターネットの原型とも言える、パソコン通信時代から、クレジットカード決済が、ネット取引の王道でした。
ブロードバンド時代とは、そういう原型を利用し続けているとも言えるのでしょう。
しかし、技術は日進月歩で進化します。
クレジットカード決済ではない決済方法として、電子マネーが登場しました。

電子マネーを端的に言えば、バーシャル貨幣とも言え、電子的な仕組みによる貨幣になります。
プリペイド型とポストペイ型の二つに分けられ、現在では、携帯電話でも利用されています。
各種の電子マネーが開発され、多くの人が利用していますが、普及に関しては、クレジットカード程ではありません。
ひとえに実用実績の違いからもあるでしょうが、電子マネーの開発は、1980年代にまで還ることができます。
当時も、利便性の高い方法として、クレジットカードが使用されていましたが、決済時での認証が必要であり、なおかつ、署名をすることを求められています。
もっと簡易的な手続きにならないかとの指摘なされ、電子マネーが考案されました。
いわば、電子マネーの特徴は、クレジットカードにはない、事前認証が行われているということでしょう。
それだけも、煩雑な事務手続きがいらず、提供者側も利用者側も、どちらにもメリットをもたらしていると言えます。

ここでは、ナナコでイコイコ!電子マネーnanacoというサイトで紹介されているように、nanaco等電子マネーに焦点を合わせ、様々な角度からお話しています。
電子マネーの概要はもちろん、技術面から見た点やメリットデメリット、さらに、海外事情と今後の展望についても、言及しています。
このサイトでの記述が、皆さんのお役に立つようでしたら、作成者として、非常にうれしい限りです。